リップは質感と色でメイクの完成度を高める

一重の場合、アイメイクよりもリップメイクが顔の印象を左右しやすい傾向があります。
リップのほうが濃い色をつかうし、目の印象うすいですしね。
そう!リップメイクは重要なんです。

質感

リップグロス
リップグロスをつかったツヤのあるぽってりとしたメイクは、顔の華やかさをアップ。
キラキラとしたツヤ感がパーツに加わることで、明るい印象にしてくれます。

マットな口紅は大人っぽさをアップ。
シマーなかんじの口元はシックな印象。
舞妓さんのメイクなどを思い浮かべるとわかりやすいと思うけど、和顔にマットはよく似合います。
きちんと感のある美人顔にしたいときにおすすめ。

目元のメイクを頑張った時には、リップは薄めのカラー。
じゃないと負けちゃいますからね。
かといってヌーディーすぎるカラーだと全体としてさみしくなってしまうので、ある程度きちんと色がつくほうがベター。

メイクにメリハリがないときには思い切って濃い目のカラー。
二重の人がやると派手になりすぎちゃうけど、一重だと色で遊んでもそこそこのところに落ち着きます。
肌の色と調和のとれたカラーを選べば、濃い色でも口元だけうかずに、ワンポイントになってくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする