「スターオブザカラー」特集3 ハイライト&シェードの入れ方

スターオブザカラーのファンデーションは重ね塗りをしてもナチュラルなのが特徴。
なのでハイライトを入れても自然な印象に仕上がります。
でも、どうつかうと効果的なのかイマイチわからないという人も多いはず。
おすすめのハイライトの使い方を教わってきました。

ハイライトを入れるのには筆を使います。

ハイライト
まずは立体感をだすために眉間からおでこにかけてラインを3本。
目元と眉のしたにものせていきます。

さらに年齢がでやすいホウレイ線の部分。
赤味がきになる小鼻の周りもカバー。

ハイライト
目の下、小鼻まわり、ホウレイ線、口元、顎先にものせて、クマドリのような状態に。
ここまでだとすごい顔だけど、筆を使って丁寧に伸ばしていくときれいにベースのファンデーションになじみます。

ハイライト
半分がほぼ伸ばし終わった状態。
目元の赤身がとれて透明感がでてるし、ホウレイ線も短く見えますよね。
ホウレイ線などは凹みのある暗い部分にハイライトをいれることで、影ができにくくなり目立たなくなるそうです。まさに色のマジック!

筆で伸ばすときには下から上へ。
力をいれずに優しく伸ばしていくのがポイント。力を入れるとベースのファンデーションまでよれてしまうので、スーッとなでるように筆を動かしていきます。
筆がない場合は、スポンジでもいいそうです。でも、筆のほうがきれいに伸びるそうですよ。

シェード
かなり濃い色を耳元から頬下あたりまで入れ、頬にもラインを入れていきます。顔のラインを引き締めて、頬のあたりをすっきりと見せてくれる効果があるそうです。

シェードシェードはスポンジで伸ばしていきます。この時は上から下へ。シェードが浮かないように首側というか顎の下にも薄く伸ばすのがコツだそうです。

ベース完成
ハイライト、シェードを入れてベースが完成。
肌が本当にきれいに見えて自分でびっくり。ホウレイ線や肌の色むらが目立なくなり、透明感がアップしています。
アイメイクもしていない状態だけど、肌がきれいになるだけでずいぶんと顔の印象が変わりました。

スターオブザカラーはファンデーションだけでも十分にきれいになるけど、ハイライトとシェードを使うとワンランク上の仕上がりに。

シェードは省いてもいいけど、ハイライトは絶対に使ったほうがいい。
肌が明るくなるだけでなく、ハツラツとした元気な顔に見せてくれます。
ハイライトはサンプルにも入っているのでぜひ使ってみてくださいね。

公式サイト→STAR OF THE COLOR

サンプルも公式サイトから請求できます。

サンプル

サンプルは無料で購入時にちょっとお得になるプレゼントもメールでお知らせがきましたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする